こんにちは。

今回は、滝沢市のお客さんから相談を受けました。

玄関先のタイルが滑って危ない思いをしたとの事です。

雨が降っただけでも、転倒しそうになったそうで…。

そこで、元の風合いを残しつつ、滑り止めを施工して行きたいと思います。

まずは、洗浄。

タイルの表面の汚れを綺麗に、落としていきます。

乾燥させてから、滑り止めをタイルに塗布していきます。

色が変わっているところが、塗布した場所です。

タイル表面に、かすかに白い粒々が見えると思いますが、これが滑りづらくする骨材になります。

廃瓦を再利用して作っているので、とってもエコですね。

こちらは、分かりやすくする為にテープで仕切り、通常よりも骨材を多く施工してみました。

そしてこちらが完成になります。

施工時間は、季節、天候にもよりますが、3時間~5時間位での施工時間になります。

タイルだけではなく、御影石や凹凸がある物でも施工可能です。

滑って危ない!という場所に是非お試し下さい。